イメージ 1

 白銀堂ぬ庭(なあ)んかんや一枚岩(いちめえしい)ぬあやい、うぬ前(めえ)んかいや石碑ぬあん。「意地(いじ)ぬ出(ん)じらあ手引(てぃいひ)き手ぬ出じらあ意地引き」でぃちぬ黄金言葉(くがにくとぅば)ぬ書かっとおん。糸満女、妻(いとぅまんゐなぐとぅじ)そおたる薩摩役人ぬ妻(とぅじ)ぬ側(すば)んかい寝(に)んとおたる男(ゐきが)、殺(くる)さんでぃさしが、良(ゆ)う確かみいねえ、妻守(とぅじまむ)ゆんでぃち男すがいそおたる妻ぬ女(ゐなく)ぬ親(をぅや)どぅやたる。「物事(むぬぐと)お良う確かみらんでえならん」でぃちぬ言ちゃる役人ぬ言葉が上(ゐ)ぬ、うぬまま、黄金言葉とぅなたるむぬやんん。アミリカやイラクぬ核開発そおんとぅか、アルカイダとぅ関係そおんとぅか叫(あ)びてぃ戦始(いくさはじ)みたん。やしが、うんあ証拠(すうく)お、むさっとぅ無(ね)えらんたん。「意地ぬ出じらあ手出じゃち、手出じゃしいねえゆくん意地ぬ出じてぃ」。軍事力びけん頼がきとおるアミリカあ実(じん)に自勝手(どぅうがってぃい)ぬ西部劇国家。外交ぬ事すそおんそおん。

 勘違えさあに人殺ちゃい、戦さいすぬ事戒みとおる黄金言葉やさ。

【日本語意訳】
直訳より「怒れりに駆られて手を出すな、手が出れば怒りを鎮めよ」とでも訳しておこう。妻に添い寝していた男を殺しかけた薩摩人の夫。良く確かめると妻を守る為に男の格好をした妻の母だった。夫は前述の言葉を吐いた。それそのまま諺になった。米国は脅威の証拠も確認しないままイラクを滅ぼした。「怒りのままに手を出し、手の出るままに怒る」。軍事力主義者は外交(相互の誤解を解く話し合いの事)を疎かにするという、良い見本だ。
  
 勘違いして人をあやめたり、戦争をしたりする愚かしさを戒めた教訓ことわざである。

【語句】
庭んかいや=庭には。
一枚岩 ぬ あやい=一枚岩 が あり。
うぬ前んかいや石碑ぬあん=その前には石碑がある。
意地ぬ出じらあ 手引き=意地(ここでは怒り)が出れば、手を引け(ここでは手を出すのを堪えよ)。
黄金言葉=ことわざ。
書かっとおん=書かれている。
妻そおたる=妻にしていた。
殺さんでぃ さしが=殺そうと したが。
守ゆんでぃち=守ると。
男すがい=男装。
親どぅやたる=親だったのである。「どぅ」は強調助詞。これを受けて、存在動詞「やたん」は「やたる」と連体形で結ぶ。
確かみらんでえ ならん でぃち 言ちゃる=確かめないといけない と 言った。
黄金言葉とぅ なたる むぬ やん=ことざわとなったものだ。
むさっとぅ無えらんたん=まったく、無かった。
ゆくん手出じゃち=よけい手を出し。
軍事力びけん 頼がきとおる=軍事力だけに依存している。
実に=ほんとうに。
外交ぬ事すそおんそおん=外交を疎かにしている。

イメージ 1

糸満市(いとぅまん)ぬ兼城(かにぐしく)まんぐらなありい、バイク歩っかちょおたれえ、あながちさる景色(ちいち)とぅはっちゃかたん。枝持(ゆだむ)ちぬ良(ゆ)たさぬ写真ぬじゃるばすやん。我(わあ)が幼稚園生やたるばすお、幼稚園や部落ぬ道ぬ傍(すば)ぬがじゅまる木(ぎい)ぬ下(しちゃ)やたん。「お便り帳」や木んかい釘打(くじう)っちゃあに、うぬ釘んかい提(さ)ぎてぃるあたる。幼稚園ぬ先生(しんしい)や途中んじ南米んかい移民けえし居(をぅ)らんなたん。うんにいぬがじゅまる木ん切(ち)い捨(し)てぃらってぃ、部落ぬ風景んあい変わてぃ、童(わらび)ぬばす遊(あし)だる部落おまるけえてぃ見(ん)じゅる夢(いみ)んかいどぅ残(ぬく)とおる。

日本語意訳                
 糸満市の兼城内で見つけた風景。なつかしさもあってシャッターをきった。僕が幼稚園児の頃はがじゅまる木の下が幼稚園だった。皆、幹に打ちつけた釘にお便り帳をぶら提げていた。幼稚園の先生は任期途中で南米に移住してしまった。そのがじゅまる木も切り倒された。あの頃の風景はたまに見る夢にしか残ってない。

【語句】
まんぐらなありい=あたりを。
歩かっちょおたれえ=運転していたら。「歩っかすん(歩かす)」、「歩っかちょおたん(歩かしていた)」、「れえ」は仮定や条件を表わす「~れば」。
あながちさる=懐かしい。「あながちさん」の連体形。
景色とぅ はちゃかたん=景色と 出くわした。「はっちゃかたん」は「はっちゃかゆん」の過去。
ぬじゃる ばす やん=撮影した わけ である。
やたる ばすお=であった 頃は。
木んかい=木に。
提ぎてぃ る あたる=提げて こそ あった。「る」は「どぅ」とも言う。強調助詞。これを受けて「あたん」はその連体形「あたる」で受ける。
移民 けえ し=移民 して しまい。「けえ」は「~(して)しまう」の副詞で日本語とは逆の位置に動詞の前に付く。
居らん なたん=居なく なった。
うんにい ぬ=あの頃 の。
切い捨てぃらってぃ=切り捨てられて。
あい変わてぃ=激変して。
童ぬ ばす 遊だる=子供の 頃 遊んだ。
まるけえてぃ 見じゅる 夢 かい どぅ=たまに 見る 夢 に こそ。「どぅ」は強調助詞。 

イメージ 1

 うちなあんじやれえ、まあんかんあるううじ畑(ばたき)。写真ねえ葉(ふぁあ)ぬかさがっとおるううじえ、今頃(なまぐる)ぬ風物(ふうぶち)。やがてぃ倒(とお)さってぃ、製糖工場(しいとうこうじょう)んかいかやあさりいん。他(ふか)ぬ作(つく)い物(むん)やかひまだありさんようい、むじゅくいぬないくとぅ、日曜農業そおる人(ちゅ)んちゃあんまんどおん。やしが、近頃(ちかぐる)、作付(さくち)き面積(みんしち)ぬぐなさる所(とぅくる)お、買(こう)い付(ち)きさんでぃすぬ考えぬあんでぃぬ話。ヤマトゥ政府(しいふ)が考えぎさあやん。やしが酪農とぅか土地生産性ぬ高さるむぬお無(ね)えらんがあら。ひまだありなむんなてぃ、仕事(しくち)さがなあやならんしが。

【日本語意訳】
 沖縄ならどこにでもあるきび畑。写真は収穫直前。手間がかからないので、サラリーマンでもできる。だが最近、小規模のきび作を切り捨てようとする動きがあるという。本土政府の考えそうな政策だ。だが、県民はもっと生産性の高い農業に転じてもいいのではないかと思うことがある。片手間にはできないだろうけど。


【語句説明】
うちなあ んじ やれえ=沖縄 で なら。
まあんかい ある=どこにでも ある。
写真ねえ=写真のように。
葉ぬ かさがっとおる=葉が 切り落とされた。
倒さってぃ=倒され。収穫され。
製糖工場んかい かやあさりいん=製糖工場に 運ばれる。
作いむん やか=作物 より。
ひまだあり さんようい=手間暇 せずに。
むじゅくい ぬ ない くとぅ=農作 が できる から。
日曜農業 そおる 人んちゃあ ん まんどおん=日曜農業 している 人たち も 多い。
やしが=しがし、だが。
面積 ぬ ぐなさる所 お=面積 が 小さい 所 は。
買い付き さん でぃぬ=買い付け しない という。
考え ぎさあ やん=考え そお だ。
無えらんがあら=ないのであろうか。
ひまだありなむんなてぃ=手間隙がかかって。
仕事さがなあ や ならんしが=仕事しながら は できないが。

↑このページのトップヘ