イメージ 1

 くまあ末吉(しいし)ぬ北(にし)むてぃいんかいある森(むい)ぬ中(なか、なあか)なてぃ、又(また)公園ぬんなとおん。
 奥(うく)んかい流(なが)り水(みじ)ぬあてぃ側傍(すばふぃら)んかいある札(ふだ)んかい「安里川(あさとぅがあ)ぬ源流」やる風儀(ふうじ)ぬ字(じい)ぬ書(か)かっとおん。
 くぬ森、隔(ふぃざ)みてぃぬ彼方(あが)あ大名町。考(かんげ)えてい見(に)いねえ、那覇(なあふぁ)ねえぬ大都市(うふまちがた)んかい、くふぃぬ大ぎ森ぬ一方(ちゅかた)なてぃあしえ、目張(みいは)い事(ぐとぅ)やい又(また)ゐいりさんあん。
 平生(ふぃいじい)や川水(かあみじ)ぬまあからが流(なが)りてぃ来(ち)ゅうらあ、考(かんげ)えらんでぃんさんしが、確(たし)かに源(むとぅ)ぬありわる何事(ぬうぐとぅ)んある。
 今(なま)ぬ安里川や逆立(さかだ)ちしん、美(ちゅ)ら川んでえ言(い)ららんしが、昔(んかし)ぬ絵(いい)、見(ん)じねえ、実に美ら風景画(ちしちぬええ)やん。
 又他所国(ゆすぐに)から那覇港(なふぁ)、泊港(とぅまい)んでえんかい入(い)っち来ゅうる色(いる)んな品物(しなむぬ)ゆ首里(しゅい)んかいかやあする帆舟(ふうしん)ぬ走(は)ゆる川んやたん。

【語句】
くまあ末吉ぬ北むてぃいんかいある=ここは末吉の北側ぬある
森ぬ中なてぃ、又公園ぬんなとおん=森の中で公演でもある
奥んかい流り水ぬあてぃ側傍んかいある札んかい='奥には流水があり、近くにある立て札に
「安里川ぬ源流」やる風儀ぬ字ぬ書かっとおん=「安里川の源流」である旨が記述されている
くぬ森ぬ隔みてぃぬ彼方あ大名町=この森を隔てて向うは大名町
考えてい見にいねえ、那覇ねえぬ大都市んかい=考えてみれば、那覇のような大都市に
くふぃぬ大ぎ森ぬ一方なてぃあしえ=これだけの大きな森がまとまってあるのは
目張い事やい又ゐいりさんあん=驚くべきことであると同時にわくわくすることでもある
平生や川水ぬまあからが流りてぃ来ゅうらあ=普段は川水がどこから流れてくるのか、
考えらんでぃんさんしが、確かに源ぬありわる何事んある=考えようともしないが、確かに源があってこその物事が存在するのである。
今ぬ安里川や逆立ちしん、美ら川んでえ言ららんしが=今の安里川は逆立ちしても、美しいとは言えないが、
昔ぬ絵、見じねえ、実に美ら風景画やん=昔の絵画を見ると実に美しい風景画である。
又他所国から那覇港、泊港んでえんかい入っち来ゅうる=また外国から那覇港や泊港等に入ってくる
色んな物ゆ首里んかいかやあする=さまざまな物質を首里に運ぶ
帆舟ぬ走ゆる川んやたん=帆掛け船が走る川でもあった。