忘勿石
 くぬ浜(はま)んかいや他所(ゆす)んかい無(ね)えらん風儀(ふうじい)ぬ写真(しゃしん)ぬ如(ぐと)おる変(か)わとおる石(いし)ぬあん。
 硬(くあ)さる大(ま)ぎ平石(ふぃらいし)え、回(まあ)いや泡(あぶく)ぬ吹(ふ)ち出(ん)じとおる風儀(ふうじい)ぬくま穴小(あなぐゎあ)ぬ蜂(はちゃあ)ぬ巣(しい)ねえそおん。
 うぬ石ぬ一(てぃい)ちんかい、「忘勿石 ハテルマ シキナ」んでぃち刻(ちざ)まっとおん。
 1945年(にん)4月(しんぐゎち)沖縄戦(うふいくさ)ぬ始(はじ)まてぃ直(ちゃあき)まんぐら、旧日本軍ぬ言い付きにゆてぃ波照間(はてぃるま)からぬ学童(がっこうしいとぅ)ん達(ちゃあ)ぬくぬ西表(いりうむてぃ)んかい分(わ)っくぃらってぃちゃん。
 やしが、くまあヤキイ地獄(じぐく)どぅやたる。
 学童ん達や一人(ちゅい)なあ一人なあ、倒(とお)りてぃんじゃん。
 くまぬ浜から生(ん)まり島(じま)、波照間ぬ見(み)ゆん。
 生(い)ちち、自(どぅう)ぬ親(うや)んかい又(また)とぅ行会(いちゃ)ゆる事(くとぅ)んならんたる生徒(しいとぅ)、肝苦(ちむぐり)さ思(うみ)いさがなあ、又、何(ぬう)んしゆうさんシキナ先生(しんしい)や、只(ただ)、くまぬ石んかい、肝(ちむ)ん肝(ちむ)ならん思(うみ)い刻むる他(ふか)あ無(ね)えらんたん。
 沖縄戦ぬばすぬ疎開地獄おくまびけえやあらんたん。

【語句】

くぬ浜んかいや他所んかい無えらん風儀ぬ=この浜には他には見られないような
写真ぬ如おる変わとおる石ぬあん=変わった写真のような石がある。
硬さる大ぎ平石え回いや泡ぬ吹ち出じとおる=硬くて大きい平石は周囲は泡を吹きだした
風儀ぬくま穴小ぬ蜂ぬ巣ねえそおん=ような小さな穴は蜂の巣のようである。
うぬ石ぬ一ちんかい=その石の一つに
「忘勿石 ハテルマ シキナ」=「忘勿石 ハテルマ シキナ」
んでぃち刻まっとおん=と刻まれている。
1945年4月、沖縄戦ぬ始まてぃ直まんぐら=1945年4月、沖縄戦が始まった直ぐの頃、
旧日本軍ぬ言い付きにゆてぃ波照間からぬ学童ん達ぬ=軍命により波照間からの学童らが
くぬ西表んかい分っくぃらってぃちゃん=この西表島に疎開させられてきた。
やしが、くまあヤキイ地獄どぅやたる=だが、ここは悪性マラリア地獄だった。
学童ん達や一人なあ一人なあ、倒りてぃんじゃん=学童らは一人また一人と倒れていった。
くまぬ浜から生まり島、波照間ぬ見ゆん=この浜からは故郷、波照間が見える。
生ちち、自ぬ親んかい又とぅ行会ゆる事ん=生きて親に再会することも、
ならんたる生徒、肝苦さ思いさがなあ=叶わなかった生徒を可哀想と思いながら、
又、何んしゆうさんシキナ先生や=そして、何もしてやれなかった(引率の)シキナ先生は、
只、くまぬ石んかい、肝ん肝ならん思い=ただ、ここの石にやるせない思いを
刻むる他あ無えらんたん=刻み込む以外になかった。
沖縄戦ぬばすぬ疎開地獄お=沖縄戦時における疎開地獄は
くまびけえやあらんたん=ここだけではなかった。