イメージ 1

 くぬ写真見(ん)じいねえ、まあぬ田舎がやらんでぃ思(うみ)ゆる筈やん。
 やしが、くまあ、ビルぬ立ち並ぶる那覇(なあふぁ)ぬ新都心(しんとぅしん)銘刈(みかる)どぅやる。くぬがじゅまる木群(ぎい)や横幅(ゆくはば)や5M、縦幅(たてぃはば)や20Mぐれえあん。
 復帰前(ふっちめえ)や米兵住宅(びいひいじゅうたく)やたくとぅ、うん如(ぐとぅ)うし残(ぬく)さっとおるばすやん。
 米兵住宅や土地利用(とぅちりゆう)ぬ贅沢過(じいたくし)じてぃ、土地生産価値(とぅちしいさんだか)ぬ低(ひく)さたん。再開発(せえくぁいはち)し後(あと)お、雇用効果(くゆうくうくぁ)37倍(べえ)んでぃぬさんみぬんあん。普天間基地(ふてぃんまちち)ん撤去(てぃっちゅ)さる後(あと)お、再開発さあに商業地(しゅうぎゅうち)とぅし活用(くぁちゆう)しいねえ、雇用拡大(くゆうくぁくでえ)とぅか経済波及効果(きいぜえはちゅうくうか)あ、でえじな大(ま)ぎさる筈(はじ)んでい思(うま)ありいん。
 何(ぬう)やらわん、うちなあや基地貧乏(ちちふぃんすう)どぅやる。基地ぬえ、経済発展(きいぜえ)発展(はってぃん)ぬ妨(さまたぎ)らっとおん。
【語句】
くぬ写真見じいねえ=この写真をみれば。
まあぬ田舎がやら んでぃ=どこの田舎なのか と。
思ゆる筈やん=思うだろう。思う筈だ。
やしが、くまあ=だが、ここは。
ビルぬ立ち並ぶる那覇ぬ新都心銘刈どぅやる=ビルの立ち並ぶ那覇の新都市銘刈なのだ。「どぅ」は前語を強調する助詞で、これを受け次にくる存在動詞「やん」は連体形で結ぶ。
くぬかじゅまる木や=このかじゅまるの木は。
ぐれえあん=ほどある。ぐらいある。
復帰前や米兵住宅やたくとぅ=復帰前は米兵住宅だったので。
うん如うし=このように。
残さっとおるばすやん=残されているわけである。
贅沢過じてぃ=贅沢すぎて。日常会話での「良い過じとおん」も「贅沢すぎている」という意味だが、ここでは前者が適切と思われる。
低さたん=低かった。
再開発し後お=再開発した後は。
37倍んでぃぬ さんみ ぬん あん=37倍との 計算も ある。「計算」は「さんみん」だが、次に並列を表わす助詞「ん」が来るので、「ん」が連続するのを避けるために、「さんみぬん」となる。
普天間基地ん撤去さる後お=普天間基地も撤去した後は。
再開発さあに=再開発して。「再開発し」、「再開発さあま」、「再開発さあい」のバージョンあり。
商業地とぅし活用しいねえ=商業地として活用すれば。
経済波及効果あ、でえじな大ぎさる筈んでぃ思ありいん=経済波及効果は、大変大きいだろうと思われる。
何やらわん=いずれにせよ。
うちなあや基地貧乏どぅやる=沖縄は基地貧乏なのだ。
基地え経済発展ぬ妨ぎとぅなとおん=基地は経済発展の妨げとなっている。