2011年03月

イメージ 1

 那覇(なあふぁ)市とぅ豊見城(とぅみぐしく)市、隔(ふぃ)ざみとおる漫湖んかい掛かとおる爬龍橋。あがたんかい見(み)ゆしえ、とよみ大橋。
 くまりかあや那覇市古波蔵(ふくふぁんぐぁ)成とおん。漫湖ぬ周(まあ)いや、いいくる公園(こういん)なてぃ、童(わらび)ん達(ちゃあ)から御年寄(うとぅすい)いん達迄(までぃ)、遊(あし)どおる姿(しがた)ぬ見(み)ゆん。
 昔(んかし)え、旧ぬ三月五日(さんぐぁちぐにち)ぬ日(ふぃい)ねえ、女(ゐなぐ)ん達(ちゃあ)ぬ、国場川(くくばがあ)から那覇ぬ若狭(わかさ)海岸まんぐら迄、「流り船(ぶうにい)(屋形船)」んかい乗(ぬ)てぃ、唄歌たい、舞(もう)たい、くぁっちい食(か)だいさあに、遊だんでぃぬ事(くとぅ)やん。今(なま)あ潮(うす)ぬ引ちいねえ、干潟風儀(かたばるふうじい)けえ成てぃ、屋形船そおなむんや通(とぅう)ららん。

【語句】
那覇市とぅ豊見城市、隔ざみとおる=那覇市と豊見城市を隔てている。
漫湖んかい掛かとおる爬龍橋=漫湖に掛かる爬龍橋。
あがたんかい見ゆしえ=向こうに見えるのはとよみ大橋。「こちらがわ」は「くがた」という。
くまりかあや=こちら側は。「くがたあ」でもよい。「うりかあ」は「そこら辺」。
 例文:「汝(いやあ)や 何(ぬう)、とぅめえとおが」(君は 何を探しているんだ)
    「うちゅくい どぅ、とぅめえとおしが」(風呂敷を探しているのだけど)
    「うりかあ んかい 無(ね)えらに」(そこら辺 に ないか)

那覇市古波蔵成とおん=那覇市古波蔵である。「~古波蔵やん」でもよい。
漫湖ぬ周いや=漫湖の周囲は。
いいくる公園なてぃ=だいたいは公園になっていて。「公園なやあに」、「公園なやあい」でも良い。
童ん達から御年寄いん達迄=子どもからお年寄りまで。
遊どおる姿ぬ見ゆん=遊んでいる姿が見られる。「見ゆん」は口語では「見いゆん」を多く使う。
昔え、旧ぬ三月五日ぬ日ねえ=昔は、旧暦の三月五日には。
女ん達ぬ=女達が。
国場川から那覇ぬ若狭海岸まんぐら迄=国場川から那覇の若狭海岸まで。
「流り船(屋形船)」んかい乗てぃ=流れ舟(屋形船)に乗って。
唄歌たい=唄を歌ったり。
舞たい=踊ったり。
くぁっちい食だいさあに=ごちそうを食べたりして。「くぁっちい食だし」でもよい。
遊だんでぃぬ事やん=遊んだということだ。
今あ潮ぬ引ちいねえ=今は潮が引けば。「引ちいや」とも言う。
干潟風儀けえ成てぃ=干潟のようになってしまい。「けえ」は「~してしまう」を表わす副詞で、動詞などの前に付く。
屋形船そおなむんや通ららん=屋形船のようなものは通れない。「屋形船そおなむんや」の言い方は、「屋形船ねえぬむのお」、「屋形船ねえそおるむんや」などのバリエーションがある。

イメージ 1

 那覇(なあふぁ)市字田原(あざたばる)ぬ民家(やあ)んかいあたるフール(フルんでぃん言ん)ゆくまぬ田原公園(たばるこういん)ぬんかい移設(いしち)せえるむぬやんでぃぬ事(くとぅ)。
 我(わあ)が小(くう)さいにい迄(まで)え、豚(うわあ)ぬフルお、写真ぬ如(ぐと)おる立派なむぬおあらんてぃん、大概(てえげえ)ぬ家(やあ)んかいあたん。
 豚小(うわあぐぁあ)飼(か)らてぃ、ふるうゎあち、売いねえ、現金収入ないたん。辻(ちいじ)ぬじゅりあんまあたあん豚からとおたんでぃぬ事。
 豚飼らゆしとぅ食(か)むしん沖縄文化どぅやる。
 東南アジアとぅ貿易そおたる琉球(るうちゅう)がイスラム化さらんたしえ、琉球ぬ豚文化故(ゆい)どぅやたる筈(はじ)んでぃち考(かんげ)えゆしえ、どぅくやがやあ…。

【語句】

那覇(なあふぁ)市字田場原ぬ民家んかいあたる=那覇市字田原の民家にあった。
フール(フルんでぃん言ん)ゆ=豚小屋(フルとも言う)を。目的を表わす助詞「ゆ」は口語(話しことば)では殆ど使われないが、文章では、文脈のあいまいさをなくすために使用してる。
くまぬ田場公園ぬんかい=ここの田原公園に。
移設せえるむぬやんでぃぬ事=移設したものとの事。
我が小さいにい迄え=私が幼い頃までは。
豚ぬフルお=豚小屋は。
写真ぬ如おる=写真のように。
立派なむぬおあらんてぃん=立派なものでなくても。
大概ぬ家んかいあたん=大抵の家にあった。
豚小飼らてぃ=子豚を飼い。
ふるうゎあち、売いねえ=育てて売れば。
現金収入ないたん=現金収入になった。
辻ぬじゅりあんまあたあん=辻の遊女たちも。「辻」は高級遊郭のあったところで、地名「辻」はその代名詞同然になった。「じゅり」は「女郎」や「尾類」などの当て字がある。「あんまあ」は庶民語の「母」であるが、ここでは「女将」このこと。
豚からとおたんでぃぬ事=豚を飼っていたとのこと。「飼らゆん」は「飼う」。「ちかなゆん」とも言う。「飼らゆん」が家畜だけに言うのに対し、「ちかなゆん」は家畜だけでなく、下僕、子どもにも言う。
豚飼らゆしとぅ食むしん=豚を飼うのと食べるのも。
沖縄文化どぅやる=沖縄文化なのである。「どぅ」は前語を強調する助詞で、次にくる用言「やん」は連体形「やる」で結ぶ。
東南アジアとぅ貿易そおたる琉球が=東南アジアと貿易していた琉球が。
イスラム化さらんたしえ=イスラム化されなかったのは。
琉球ぬ豚文化故どぅやたる筈=琉球の豚文化のお陰であるだろう。
んでぃち考えゆしえ=と考えるのは。
どぅくやがやあ…=脱線しているだろうか。「どぅく」は「あんまり」、「過ぎたこと」なの意味だが、ここでは「考えすぎ」ぐらいの意味。「汝(いゃあ)やどぅくやっさあ」は「君はあんまりだよなあ」(悪い意味で)の意味。「どぅく、ちゃっさん、持ちいねえ」は「あまり、多く持つと」の意味。

↑このページのトップヘ