2011年04月

イメージ 1

 ♪三重城(みぐしく)に登(ぬぶ)てぃ、手巾(てぃさじ)見上(みあ)ぎりば、早船(はや)ぬなれや、一目(ちゅみ)どぅ見(み)ゆる♪(花風節)。
 ♪三重城に登てぃ、うち招(まに)く扇(をぅおじ)、又ん廻(みぐ)り来(ち)てぃ、結(むし)ぶ御縁(ぐいん)♪(本花風節)。
 あんし歌わりたる三重城(みいぐしく)((ロワジールホテルぬ西(いり)むてぃいんかいあん)や、昔(んかし)え船送(ふなをぅ)いすぬ所(とぅくる)やたん。「花風節(はなふうぶし)」え、夫(をぅとぅ)んあらん愛(かな)し思里(うみさとぅ)ゆ送(をぅく)ゆる歌やんでぃぬ事(くとぅ)。
 どぅく船(ふに)ぬ早(ふぇえ)さぬ、「一目どぅ見ゆる」んでぃぬ歌詞(くとぅば)え、うぬ節(ふし)とぅ共(とぅむ)に肝(ちむ)ちゃあがなさん。
 「花風節」ぬ踊(をぅどぅ)いや、ちゅらんかあぎくうとお、踊(をぅどぅ)てえならんでぃぬ伝(ちてえ)え話迄(までぃ)あん。

【語句】
三重城に登てぃ=三重城に登り。琉歌では韻を優先し「みぐしく」となるが、口語では「みいぐしく」。
手巾見上ぎりば=ハンカチを見上げれば。琉歌では韻を優先し「てぃさじ」となるが、口語では「てぃいさあじ」である。
早船ぬなれや=船足が速く。「なれ」は「なり」ともいい、(速く走る)「習慣」の意味。
一目どぅ見ゆる=一目しか見ることができない。「どぅ」は前語を強調する助詞で、次にくる「見ゆん」は連体形で結ばれて、「見ゆる」となる。
花風節=琉球古典民謡。歌詞は琉歌形式(八、八、八、六の韻で歌う)。
三重城に登てぃ=上参考。
うち招く扇=招くように振る扇。「招く」は文語。「まぬく」ともいう。
又ん廻り来てぃ=再び、めぐり来て。「来てぃ」は文語。口語では「~来(ち)」。
結ぶ御縁=結ぶ御縁。
本花風節=琉球古典民謡。琉歌形式で歌われている。元々は「花風節」であるが、上の「花風」が新作されたために、古い「花風」は「本花風」と「歌名」が変えられた?。
あんし歌わりたる三重城や=そのように歌われた三重城は。
ロワジールホテルぬ西むてぃいんかいあん=ロワジールホテルの西側にある。
昔え船送いすぬ所やたん=昔は出船を見送る場所だった。
「花風節」え=「花風節」は。
夫んあらん愛し思里ゆ=夫でもない彼氏を。「思里」は恋人。「里(さとぅ)」も同じ意味。
送ゆる歌やんでぃぬ事=見送る歌だという事だ。
どぅく船ぬ早さぬ=あまりにも船足が速いので。
「一目どぅ見ゆる」=一目しかみえない。
んでぃぬ歌詞え=という歌詞は。
うぬ節とぅ共に=その曲とともに。「節」は「曲、メロディー」。
肝ちゃあがなさん=寂しくうら悲しい。
「花風節」ぬ踊いや=「花風節」の踊りは。
ちゅらんかあぎくうとお=美人以外は。「ちゅらんかあぎ」は「ちゅらかあぎ(美人)」の敬称。
踊てえならんでぃぬ=踊ってはいけないとの。
伝え話迄あん=言い伝えがある。

イメージ 1

 
 那覇港(なふぁんなとぅ)んかい出島ぬ如(ぐと)おぬ屋良森城(やらざむいぐしく)ぬあん。
 琉球画はじみ西洋画んかいん描かっとおるあたい昔(んかし)え、ちゅら城(ぐしく)やたしが、今(なま)あ、沖縄戦とぅか米軍港造(ちゅく)ゆる為(たみ)なかい、けえ壊(くう)さってぃ、昔ぬ面影(うむかじ)え何(ぬう)ん無(ね)えらん。
 港んかいあたる大岩(うふしい)とぅ陸(あぎ)ぬ間(ゑえだ)ゆ埋立(うみた)てぃ繋(ちな)じ、造(ちゅく)てえるむんでぃ思(うま)ありいん。
 昔え港ぬくりかあんかいあたる三重城(みいぐしく)=今ぬロワジールホテルぬ裏ぬはた)とぅまじゅん船送所(ふなうくいどぅくる)やたん。今ぬコンクリート港やか昔ぬ港がる、じょういちゅらむんやたる。

【語句】
那覇港んかい=那覇港に。
出島ぬ如おぬ屋良森城ぬあん=出島のような屋良座森城がある。
琉球画はじみ西洋画んかいん=琉球画はじめ西洋語にも。
描かっとおるあたい=描かれるほど。
昔え、ちゅら城やたしが=昔は美しい城であったが。
今あ=今は。
沖縄戦とぅか米軍港造ゆる為なかい=沖縄戦や米軍港を造るために。
けえ壊さってぃ=壊されてしまい。「けえ」は「~してしまう」の意味の副詞で動詞の前に付く。
昔ぬ面影え何ん無えらん=昔の面影は何もない。
港んかいあたる大岩とぅ陸ぬ間)ゆ=港にある大岩と陸の間を。
埋立てぃ繋じ=埋立て繋ぎ。
造てえるむんでぃ思ありいん=建設されたものと思われる。
昔え港ぬくりかあんかいあたる=昔は(写真の)こちら側にあった。
三重城(今ぬロワジールホテルの裏側)と共に。
船送所やたん=船を見送るところだった。
今ぬコンクリート港やか=今のコンクリート港より。
昔ぬ港がる=昔の港こそ。「る」は強調を表わす助詞「どぅ」の清音。
じょういちゅらむんやたる=とても美しいものだった。「やたる」は前の強調助詞「る」を受けて連体形で結んだもの。

↑このページのトップヘ