2014年03月

イメージ 1

 前(めえ)にくぬブログうてぃ八重瀬(いぇえじ)町ぬ戦前(いくさめえ)ぬ煙突(ひいたてぃ)御目(うみ)かきたれえ、平敷屋(ふぃしちゃ、ひいちゃ、ふぃいちゃ)んかいん似(に)ちょおるうぬあんでぃぬ話(はなし)ぬあたん。
 くまりかあや、とぅん回(まあ)い回し来(ち)ゅうる所(とぅくま)やしが、目(みい)や空(んな)張(ば)いがそおたらあ、肝(ちむ)ぬ覚(うび)いぬ無(ね)えらんたん。
 くぬ火立(ふぃいたてぃ)ん戦(いくさ)ぬばす、弾(たま)なかい射(い)りくじらっとおる跡(かた)ぬあん。
 まんぐらあ諸黍畑(ううじばたき)なたい、さぼうりたし、くりぬ他(ふか)ねえ、見(ん)ちゃびけんしえ、製糖工場(しいとぅうこうじょう)ぬあたんでぃぬ跡(あとぅ)おとぅめえららん。
 実(じゅん)に昔(んかし)ぬぎれえむんや固(か)とうやんでぃ思(うむ)ゆん。
 うりん又戦ぬ話語(はなしかた)ゆんでぃでぃがちゃあ立っちいそおらあ。
 後(くさあ)やはんたなてぃ、はんたぬ下(しちゃ)あ軍港(いくさんなとぅ)やるホワイトビーチぬあん。

前にくぬブログうてぃ八重瀬町ぬ戦前ぬ=以前にこのブログで、八重瀬町の戦前の
煙突御目かきたれえ、平敷屋んかいん=煙突を紹介したら、平敷屋にも
似ちょおるうぬあんでぃぬ話ぬあたん=似たようなものがあるとの情報があった。「似ちょおるう」は「似ているもの」の意味で、『沖縄語辞典』にはない。「似ちょおし」でも可。
くまりかあや、とぅん回い回し来ゅうる所やしが=この辺は時折、回ってくる場所であるが、
目や空張いがそおたらあ、肝ぬ覚いぬ無えらんたん=漠然と眺めていただけなのか記憶に薄かった(かなり意訳)。
くぬ火立ん戦ぬばす、弾なかい射りくじらっとおる跡ぬあん=この煙突も戦時中に弾丸を浴びた痕跡がある。
まんぐらあ諸黍畑なたい、さぼうりたし=周辺はキビ畑になったり、荒れたりで、
くりぬ他ねえ、見ちゃびけんしえ=これのほかには、見ただけでは、 
製糖工場ぬあたんでぃぬ跡おとぅめえららん=製糖工場があったという跡は見当たらない。
実に昔ぬぎれえむんや固とうやんでぃ思ゆん=本当に昔の建造物は強固だと思う。
うりん又戦ぬ話語ゆんでぃでぃがちゃあ立っちいそおらあ=これも又戦争の話を伝えようと立ち続けているのだろうか。
後やはんたなてぃ、はんたぬ下あ=後方は崖になっており、崖の下は
軍港やるホワイトビーチぬあん=軍港であるホワイトビーチがある。

イメージ 1

 ペリー艦隊(いくさぶに)ぬ従軍画家(いいかちゃあ)やたるハイネが、いやでぃん、まししいぎさそおる構図(かた)やしが、末吉(しいし)んかいや上たる事お無(ね)えんがあたら、末吉ぬ絵や見(ん)ちぇえんだん。
 那覇市(なあふぁ)ぬ高台(たかどぅくる)んでぃ言(い)いねえ、いいくる首里(しゅい)とぅ連(ちる)がとおん。識名(しちな)とぅまんじゅん末吉んうぬ一(てぃい)ち。高台んかい御願所(うぐぁんじゅ)・御嶽(うたき)ぬまんどおしん、沖縄(うちなあ)ぬかわるとおる所(とぅくる、とぅくま)。
 くまぬ末吉宮(琉球八社ぬ一ち)はじみ下(しちゃ)ぬまんぐらんかいん、幾(いく)ちがなぬ御願所(うぐぁんじゅ)ぬあん。
 昔(んかし)からぬ石道(いしみち)え、自然(しじん)ぬ石とぅばっぺえゆるあたい、崩(くじ)りがな崩(くじ)りとおしが、くまぬ石道え昭和46年(にん)なかい復元さっとるむぬやんでぃぬ事(くとぅ)。
 上(ぬぶ)たい下(うり)りたいぬあんまさあ無(ね)えらんでえ、良(い)いウォーキングコースやるむぬ。

【語句】
ペリー艦隊ぬ従軍画家やたるハイネが=ペリー艦隊の従軍画家であったハイネが
いやでぃん、まししいぎさそおる構図やしが=いかにも、好きそうな構図であるが、
末吉かいや上たる事お無えらんあたらら=末吉には上った事がなかったのか、
末吉ぬ絵や見ちぇえんだん=末吉の絵は見た事がない。
那覇市ぬ高台んでぃ言いねえ=那覇市の高台といえば、
いいくる首里とぅ連がとおん=だいたい首里と連なっている。
識名とぅまんじゅん末吉んうぬ一ち=識名とともに、末吉もそのひとつ。
高台んかい御願所・御嶽ぬまんどおしん=高台に拝所が多いのも、
沖縄ぬかわるとおる所=沖縄の特徴的なところ。
くまぬ末吉宮(琉球八社ぬ一ち)はじみ=ここの末吉宮(琉球八社の一つ)はじめ、
下ぬまんぐらんかいん、幾ちがなぬ御願所ぬあん=下の方にも、幾つかの拝所がある。
昔からぬ石道え、自然ぬ石とぅばっぺえゆるあたい=昔からの石畳道は、自然の石と見分けがつかないほど、
崩りがな崩りとおしが=崩れ放題だが、 「崩りがな崩りとおん」は「崩れるに任せる」等の意味の慣用句。
くまぬ石道え昭和46年なかい=ここの石畳は昭和46年に、
復元さっとるむぬやんでぃぬ事=復元されたものだとのこと。
上たい下りたいぬあんまさあ無えらんでえ=上ったり、下りたりがきつくなければ、
良いウォーキングコースやるむぬ=良いウォーキングコースなのだけど。

↑このページのトップヘ