2015年03月

イメージ 1

 琉球(るうちゅう)んじ一番ぬ古寺(ふるでぃら)んでぃ言(い)ゃっとおる護国寺(ぐくくでぃら)え、察度王(さっとぅおう)ぬ造(ちゅく)たんでぃ言(い)ゃっとおん。
 うぬ事(くとぅ)やかん、英国人(いんじりいんちゅ)宣教師ベッテルハイムぬ8年(はちにん)が間(ゑえだ)、暮(く)らちょおたる住(し)めえ所(ず)とぅしち名言(なあゆ)るむぬやん。
 長(なげ)えさ琉球んかい居(う)るむんやれえ、彼(あり)が沙汰(さた)あ、実(じゅん)に色々(いるいる)様々(さまざま)あん。
 彼(あり)が徒名(あざなあ)や「波之上(なんみん)ぬ眼鏡(がんちょう)」。
 次男(じなん)女(ゐなぐ)ん子(ぐぁあ)あ、琉球(るうちゅう)んじ生(ん)まりたる初(はじ)みてぃぬウランダア。
 ペリーぬ臣下(しんか)ぬ琉球女(りゅうちゅうゐなぐ)犯(うか)てぃ村人(むらぬちゅんちゃあ)なかいすぐい殺(くる)さったる事(くとぅ)なかい、米艦隊(あみりかいくさぶに)とぅ中山府ぬ中(んかあ)ぬ悪(わ)っさなたるばすお、ベッテルハイムぬ女(ゐなぐ)ん子(ぐぁ)ぬ守役(むいやく)そおたる田場武太ぬ名乗(なぬ)い出(じ)じてぃ外(はん)ちゃんでぃぬ事(くとぅ。
 やしが、うりえ、諸(むる)、ペリーとぅ琉球ぬ中ぬ事、心配(しわ)さるベッテルハイムぬ考(かんげ)えたる嘘(ゆくし)。 
 ペリー提督ぬ米国んかい帰(けえ)ゆるばす、ベッテルハイムん家人数(やあにんず)とぅまじゅん、米国んかい移住(うち)たん。

【語句】
 琉球んじ一番ぬ古寺んでぃ言ゃっとおる護国寺え=琉球で最古の寺院と言われている護国寺は、
察度王ぬ造たんでぃ言ゃっとおん=察度王造ったものといわれている。
うぬ事やかん、英国人宣教師ベッテルハイムぬ8年が間=それより、英国人宣教師ベッテルハイムが8年間も
暮らちょおたる住めえ所とぅしち名言るむぬやん=暮らしていた住処として有名である。
長えさ琉球んかい居るむんやれえ、彼が沙汰あ=長らく琉球に住んでいれば、彼にまつわる逸話は、
実に色々様々あん=実に、数多くある。
彼が徒名や「波之上ぬ眼鏡」=彼のあだ名は「波之上の眼鏡」。
次男女ん子あ、琉球んじ生まりたる初みてぃぬウランダア=次女は琉球で生まれた初めての西洋人。
ペリーぬ臣下ぬ琉球女犯てぃ村人なかい=ペリーの部下が琉球女を強姦して、村人らに、
すぐい殺さったる事なかい=殴り殺された事によって、
米艦隊とぅ中山府ぬ中ぬ悪っさなたるばすお=米艦隊と中山府が険悪になっときは、
ベッテルハイムぬ女ん子ぬ守役そおたる田場武太ぬ=ベッテルハイムの次女の守役をしていた田場武太が
名乗い出じてぃ外ちゃんでぃぬ事=(犯人)を名乗り出て解決したとの事。
やしが、うりえ、諸、ペリーとぅ琉球ぬ中ぬ事、心配さる=だが、これはすべてぺりーと琉球の間柄を心配した
ベッテルハイムぬ考えたる嘘=ベッテルハイムが仕組んだ作り話だった。(実際、田場は「ぺーりーの水兵が自分の妻を強姦したために殺した」と証言したが、彼は独身だったのである。ベッテルハイムは犯人が挙がる事だけで満足し、処罰については琉球側に一任したといわれる」) 
ペリー提督ぬ米国んかい帰ゆるばす=ペリーが帰国する際、
ベッテルハイムん家人数とぅまじゅん、米国んかい移住たん=ベッテルハイムも家族と共に米国に移住した。

イメージ 1

 山原(やんばる)お、当(あ)たい前(めえ)ぬ事(くとぅ)、木所(きいどぅくる)なやあに、うぬ景色(ちいち)え、中南部(なかがみ・しまじりほう)ぬ人(ちゅ)ん達(ちゃあ)からしいねえ、全(まった)ち別所(びちどぅくる)。
 山原ぬ山(やま)んじ、一(い)っちん、まんどおる木(きい)や山原椎(やんばるしい=写真)や、あらんがあら。
 実(ない)や、炒(い)りち食(か)まりゆんでぃぬ事(くとぅ)。
 山原んかいや色(いる)んな生(い)ちむしぬ居(う)くとぅ、椎(しい)ぬ実(ない)んちょおんあれえ、大概(てえげえ)や、立(た)ち易(や)っさあねえらんがあら。
 豊かな森(むい)、囲(かく)どおる海(うみ)え、又当たい前ぬ事、森から流(なが)りんちょおる食(か)みむんぬまんでぃ豊(ゆたか)やん。
 やくとぅ、山原ぬ森ん海ん、沖縄人(うちなあんちゅ)にとぅてえ、でえじな、あたらさるむぬやん。
 森ぬ事ん海ぬ事ん考(かんげ)えいゆさな、あしがちし、基地建設(ちちぶしん)ぬ事びけん、やっぱとおる人ん達ぬ肝(ちむ)お、うんな事、考えゆるゆちみん無(ね)えらんがあら。

【語句】
山原お、当たい前ぬ事、木所なやあに=山原(本島北部)は当然、木の生い茂る所であり、
うぬ景色え、中南部ぬ人ん達からしいねえ、全ち別所=中南部の人たちからすれば、全く別世界。
山原ぬ山んじ、一っちん、まんどおる木や=山原の山で最も、多い木は、
山原椎(写真)や、あらんがあら=山原椎(写真、スダジイ、オキナワジイ)ではなかろうか。
実や、炒りち食まりゆんでぃぬ事=実(どんぐり)は炒って食べられるとの事。
山原んかいや色んな生ちむしぬ居くとぅ=山原には様々な種類の生き物が棲んでいるから、
椎ぬ実んちょおんあれえ=椎の実さえあれば、
大概や、立ち易っさあねえらんがあら=大抵は、暮らしやすいのではないだろうか。「暮らしにくい」は「立ちぐりさん」。
豊かな森、囲どおる海え、又当たい前ぬ事=豊かな森を取り囲んでいる海はこれまた当然、
森から流りんちょおる食みむんぬまんでぃ豊やん=森から流れ込む栄養分が多く、豊かである。
やくとぅ、山原ぬ森ん海ん、沖縄人にとぅてえ=だから、山原の森も海も、沖縄人にとって、
でえじな、あたらさるむぬやん=とても、大切なものである。
森ぬ事ん海ぬ事ん考えいゆさな、あしがちし、基地建設ぬ事びけん=森の事も海の事も考えられず、基地建設の事だけに
やっぱとおる人ん達ぬ肝お=精を出している人々の心は、
うんな事、考えゆるゆちみん無えらんがあら=そんな事を考えるゆとりもないのだろうか。

↑このページのトップヘ