2016年03月

イメージ 1

 与那原(ゆなばる)(元お大里村)お、昔(んかし)え、山原船(やんばらあ、やんばらあぶに)ぬ掛(か)かゆる港町(んなとぅまち)とぅさあに、栄(さけ)えとおたんでぃ言(い)らっとおん。
 山原(やんばる)から材木(ぜえむく)、木薪(きだむん、たむん)、木炭(たん)、山原竹(やんばらあだき)うぬ他(ふか)ぬ品々(しなじな)ぬ山原船んかい載(ぬ)しらってぃ来(ち)から、馬車(ばしゃ)なかい首里(しゅい)んかい上(ぬぶ)しらってぃ行(ん)じゃん。
 「与那原馬車持(ゆばなるばしゃむ)ちゃあ」でぃぬ言葉(くとぅば)あ、昔人(んかしんちゅ)・兄方(しいざかた)んかいや、あながちさる言葉(くとぅば)やら筈(はじ)。
 与那原ぬ町え、実(じゅん)に、山原船ぬ船乗(ふなぬ)い、馬車持ゃあん達(ちゃあ)し、はねえちょおたんでぃぬ事(くとぅ)。今(なま)ぬ繁華街(あしびどぅくる)や、うぬ名残(なぐい)がやら。
 やしが、なあ、山原船え無(ね)えらんああい、此処(くま)取(とぅ)ゆる事(くとぅ)ん無(ね)えん。
 海傍(うみばた)あ、いいくるがたけえなてぃ、「東浜マリンタウン」(写真ぬ左端)でぃぬ町けえなとおん。
 埋(う)み立(た)てぃゆる前(めえ)に、海端(うみばた)んじ遊(あし)だる事ぬあしが、あんしゅか、うち変(か)わゆんでえ、思(うま)あんたん。
【語句】
与那原(元お大里村)お、昔え、山原船ぬ掛かゆる=与那原(元は大里村)は昔は山原船が停泊する
港町とぅさあに栄えとおたんでぃ言らっとおん=港町として栄えていたといわれる。
山原から材木、木薪、木炭、山原竹うぬ他ぬ品々ぬ=本島北部から材木、薪、木炭、山原竹その他の品々が
山原船んかい載しらってぃ来から=山原船に載せられて来たのち、
馬車なかい首里んかい上しらってぃ行じゃん=馬車で首里に運ばれて行った。
「与那原馬車持ちゃあ」でぃぬ言葉あ、昔人・兄方んかいや=「与那原馬車持ち」という言葉は昔の人、年配方には、
あながちさる言葉やら筈=懐かしい言葉であろう。
 与那原ぬ町え、実に、山原船ぬ船乗い、馬車持ゃあん達し=与那原という町は実に、山原船の船乗り、馬車引き達で、
はねえちょおたんでぃぬ事=賑わっていたとのこと。
今ぬ繁華街やうぬ名残がやら=今の繁華街はその名残なのだろうか。
やしが、なあ、山原船え無えらんあい=だが、山原船は消え去って、
此処取ゆる事ん無えん=もはや、ここに着くこともない。
海傍あ、いいくるがたけえなてぃ=海岸は、殆ど、埋立地になってしまい、
「東浜マリンタウン」(写真ぬ左端)でぃぬ町けえなとおん=「東浜マリンタウン」(写真の左端)という町になってしまった。
埋み立てぃゆる前に、海端んじ遊だる事ぬあしが=埋め立てる前に、その海岸で遊んだ事があるが、
あんしゅか、うち変わゆんでえ、思あんたん=こんなにまで一変するとは思わなかった。

イメージ 1

 戦後(いくさあとぅ)、くまんかいや、長(なげ)えさ、県立博物館(きんりちふぁくぶちくぁん)ぬあたん。
 元(むと)お中山(琉球)ぬ黄金加那志前(くがにがなしいめえ)ぬ御殿(うどぅん)ぬあたん。
 世子(くがにがなしいめえ)ぬうゑか地(じ)や、中城間切(なかぐしくまじり)やたくとぅ、うぬ名(なあ)ぬ付(ち)ちょおん。
 元々(むとぅむと)お、今(なま)ぬ首里(しゅい)高校ぬある所(とぅくま)んかいあたんでぃぬ事(くとぅ)やしが、明治(みいじ)3年に琉譚池(いゆぐむい)ぬ北側(ふぇえむてぃい)(写真)んかい、うゎあたましさってぃちゃん。
 薩摩侵略(やまとぅせみいり)ぬばすん、廃藩置県(はいはんちきん)ぬばすん、日本(やまとぅ)ぬ盗人(ぬすどぅ)なかい、いちゃさきぬ文物(かちむん、たからむん)ぬ略奪(ぼう)らってぃ行(ん)じゃしが、先(さち)ぬ沖縄戦(うちなあんじぬいくさ)ぬ後(あとぅ)んじん、米海軍(びいくぁいぐん)カールフェルト中佐盗人(ぬすどぅ)なかいくぬ屋敷(やしち)んかいあたる王家(おうぬやあ)ぬ宝物ぬ略奪(ぼう)らってぃ、今(なま)ちきてぃ、行方(ゆくい)ぬ分(わ)からんむんぬまんどおん。
 復元ぬ話(はなしい)んあしが、くま通(とぅう)ゆる毎(かあじ)、あだし露霜(ちゆしむ)ぬ如(ぐと)おる琉球(るうちゅう)ぬ歴史(りちし)、見(ん)じゅる思(うみ)いぬすん。
 沖縄(うちなあ)かきとおる人(ちゅ)ん達(ちゃあ)や、琉球人(るうちゅうんちょ)や人(ちょ)お、あらんでぃちが考(かんげ)えとおらあ…。

【語句】
戦後、くまんかいや、長えさ、県立博物館ぬあたん=戦後、長らく、ここには県立博物館があった。
元お中山(琉球)ぬ黄金加那志前ぬ御殿ぬあたん=元は、中山国すなわち琉球国の王子の邸宅があった。
世子ぬうゑか地や、中城間切やたくとぅ、うぬ名ぬ付ちょおん=王子の領地は中城間切だったことから、その名が付いた。註:中城間切は琉球国時代の行政区で、今の中城村、北中城村、津堅島等がそうである。中城御殿は俗称である。
元々お、今ぬ首里高校ぬある所んかいあたんでぃぬ事やしが=元々は現在の首里高校の敷地にあったのだが、
明治3年に琉譚池ぬ北側(写真)んかい、うゎあたましさってぃちゃん=明治3年に琉譚池の北側にお引っ越しされた。
薩摩侵略ぬばすん、廃藩置県ぬばすん、日本ぬ盗人なかい=薩摩侵略の場合も、廃藩置県の場合も、日本の泥棒どもによって
いちゃさきぬ文物ぬ略奪らってぃ行じゃしが=多くの文物が略奪されたが、
先ぬ沖縄戦ぬ後んじん、米海軍ぬカールフェルト中佐盗人なかい=去った沖縄戦の後、米海軍のカールフェルト中佐泥棒によって、
くぬ屋敷んかいあたる王家ぬ宝物ぬ略奪らってぃ=この屋敷にあった王家の宝物が略奪され、
今ちきてぃ、行方ぬ分からんむんぬまんどおん=いまだに行方不明のものが多い。
復元ぬ話んあしが、くま通ゆる毎=復元の話もあるが、ここを通るたびに、
あだし露霜ぬ如おる琉球ぬ歴史、見じゅる思いぬすん=はかない露霜のような琉球の歴史を見る思いがする。
沖縄かきとおる人ん達や、琉球人や人お、あらんでぃちが考えとおらあ=沖縄を支配している人々は琉球人は人間と思ってないのか、
今ん、ちゃあ奪らりいそおん=今も奪い続けられている。
地や基地なかい、人権や地位協定なかい、あんし、新たに、東ぬ海迄取ららんでぃそおん=土地は基地に、人権は地位協定に、そして今、東の海も奪われようとしている。

↑このページのトップヘ