2016年07月

イメージ 1

 八重山(いぇえま)あ、あいゆかんぬ牛所(うしどぅくる)。
 石垣島(いしがちじま)あ島ぬまぎさくとぅ、あんやら筈(はじ)んでぃ思(うむ)ゆる人(ちゅ)んまんどる筈(はじ)やしが、くまぬ小浜島(くもおま)かたくじら、黒島(くるしま)、与那国(ゆなぐに、ゆぬん)んでえんや、口数(くちかじ)ぬいきらさくとぅ、うっさぬ牛飼(うしか)れゆうするばすやん。
 小浜島、与那国んでえんじえ、牛え高所(たかどぅくる)んじ飼(か)らっとおしが、黒島あ、平(ふぃ)ら平々(とおとお)ぬ珊瑚島(さんぐじま)なやあに、牛ん平原(とおばる)んとぅか歩(あ)っち道(みち)ならりいんじどぅ飼(か)らあっとおる。
 牛達(うしんちゃあ)やっ人見(ちゅん)じいねえ、ふぃるまさがあら、ちゃあ見詰(みいち)きいさい、ちゅふぃちゃん、寄(ゆ)てぃっ来(ち)ゃいすくとぅ、沖縄(うちなあ)から来(ち)ょおる人(ちょ)お、とぅんもおてぃ、後退(あとぅし)んちゃあすん。
 八重山牛や黒毛和牛なてぃ、買(こ)おやあんまんどおる如(ぐと)おしが、斤数(ちんすう)ん何百斤(なんびゃっち)んでぃあくとう、船乗(ふにぬ)しゆしん、難儀(なんじ)やら筈(はじ)。

【語句】
八重山あ、あいゆかんぬ牛所=八重山は、かなりの牛の生産地
石垣島あ島ぬまぎさくとぅ、あんやら筈んでぃ思ゆる人ん=石垣島は大きいので、そうだろうと思う人も
まんどる筈やしが、くまぬ小浜島かたくじら、黒島、与那国んでえんや=多いかも知れないが、ここ小浜島はじめ、黒島、与那国などは、
口数ぬいきらさくとぅ、うっさぬ牛飼れえゆするばすやん=人口も少ないので、これだけの牛が飼えるわけである。
小浜島、与那国んでえんじえ、牛え高所んじ飼らっとおしが=小浜島、与那国では、牛は高台で飼われているのだが、
黒島あ、平ら平々ぬ珊瑚島なやあに、牛ん平原んとぅか=黒島は、平らなサンゴ礁の島であり、牛も平地とか、
歩っち道ならりいんじどぅ飼らあっとおる=通り道沿いで、飼われているのである
牛達やっ人見じいねえ、ふぃるまさがあら、ちゃあ見詰きいさい=牛達は人みれば、珍しいのか、ずっと見詰めたり、
ちゅふぃちゃん、寄てぃっ来ゃいすくとぅ、沖縄から来ょおる人お=急に寄ってきたりするので、本島から来た人は、
とぅんもおてぃ、後退んちゃあすん=びっくりして、後ずさりする。
八重山牛や黒毛和牛なてぃ、買おやあんまんどおる如おしが=八重山牛は黒毛和牛であり、需要も多いゆであるが、
斤数ん何百斤んでぃあくとう、船乗しゆしん、難儀やら筈=体重も何百キロとあるので、船に乗せるのも難儀だろう。

イメージ 1

 写真(しゃしん)ぬ右上(にじりゐい)ぬかあま彼方(あがた)あ、石垣島(いしがちじま)。
 沖縄(うちなあ)かいや、ひるぎえ、まあにんあしが、かわてぃ、八重山(いぇえま)ぬ海端(うみばた)んかいや、まんどおん。
 満(み)ち潮(うしゅ、うす)ぬひるぎやか、引(ふぃ)ち潮(うしゅ、うす)んかい立(た)っちょおるひるぎぬる足(ふぃさ、ひさ)(根茎(にいぐい))ん見(み)いてぃ、面白(うむ)さる。
 ひるぎえ、潮水(うしゅみじ、うすみじ)とぅ雨水(あまみじ)ぬ混(ま)んちょおる所(とぅくる、とぅくま)んじる生(み)いゆくとぅ、ひるぎぬ生(み)いとおる所(とぅくる)んかいや、必(かんな)じ川原(かあら)ぬあん。
 根茎(にいぐい)まんぐらぬ砂(しな)んかいや、蟹小(がいぐぁあ)かたくじら、色(いる)んなぐま生(い)ち物(むん)ぬん居(をぅ、う)ん。
 自然(しじん)とぅまじゅん、生(い)ちちょおる生(み)い物(むん)とぅ生(い)ち物(むん)んでえ、前(めえ)なちょおちいねえ、実(じゅん)に、自然(しじん)やふぃるましむんやんでぃ、思(うむ)ゆん。
 うんな生い物、生ち物達(ちゃあ)や人間(にんじ)ぬんかい、我(わ)ったあ事(くと)お、かまんようい、よおしょうち取(とぅ)らんでぃ叫(あ)びとおる声(くぃい)ぬ聞(ち)かりゆん。

【語句】
写真ぬ右上ぬかあま彼方あ、石垣島=写真右上のずっと向うは石垣島
沖縄かいや、ひるぎえ、まあにんあしが=沖縄には、ひるぎはどこにでもあるが、
かわてぃ、八重山ぬ海端んかいや、まんどおん=とりわけ、八重山の海岸には多い。
満ち潮ぬひるぎやか、引ち潮んかい立っちょおるひるぎぬる=満ち潮のひるぎより、引き潮に立つひるぎの方が、
足(根茎)ん見いてぃ、面白さる=足も見えて、面白い。
ひるぎえ、潮水とぅ雨水ぬ混んちょおる所んじる生いゆくとぅ=ひるぎは、潮水と真水の混ざる所に生えるので、
ひるぎぬ生いとおる所んかいや、必じ川原ぬあんあ=ひるぎが生える所には必ず、川がある。
根茎まんぐらぬ砂んかいや、蟹小かたくじら=根茎付近の砂には、蟹はじめ、
色んなぐま生ち物ぬん居ん=様々な生き物がいる。
自然とぅまじゅん、生ちちょおる生い物とぅ生ち物んでえ=自然と共に、生きている生物や動物などを
前なちょおちいねえ=観察していると、
実に、自然やふぃるましむんやんでぃ、思ゆん=本当に、自然は不思議だと思う。
うんな生い物、生ち物達や人間ぬんかい、=これらの植物、動物達は、人間に、
我ったあ事お、かまんようい、よおしょうち取らんでぃ=自分達のことに、かまわないで、ほっておいて、呉れと、
叫びとおる声ぬ聞かりゆん=叫んでいる声が聞こえる

↑このページのトップヘ