2016年08月

天割りい(八重瀬町、糸満市)

イメージ 1

天割(てぃんば)りい
 八重瀬(いぇえじ)町ぬ側(はた)から糸満(いとぅまん、いくまん、いちまん)、抜(ぬ)じぇえむぬやくとぅ、二所(たとぅくる)ぬ地名(しまぬなあ)書(か)ちゃえん。
 車(くるま)、歩(あ)っかしいがちいなあ、ふぃるましい夕(ゆ)さんでぃ明(あ)かがいやるむんでぃ思(うむ)やあに、抜じぇえる写真(しゃしん)やん。
 一分(いっぷ)ぬん経(た)たん内(うち)なかい、赤雲(あかぐむ)ぬ裂(さ)ち間(ま)あ、きっさ、無(ね)えらんなとおたん。
 いいくる、朝明(あさか)けえいぬ絵(いい)なかい、うりとぅ似(に)ちょおる形(かた)ぬあしが、実(じゅん)に絵とぅにちょおる明かがいんあるむんやんでぃ思(うむ)ゆん。 
 何故(ぬうゆい)に、うんな形んかいないがすら。
 新(しん)ぬ八月(はちぐぁち)ぬ太陽(てぃだ)ぬ落(う)てぃ口(ぐち)え、なあだ北(にし)むてぃんかい寄(ゆ)とおん。
 昔(んかし)から言(い)らっとおしが、実(じゅん)に、夕さんでぃ明かがいんでぃせえ、人(ちゅ)ぬ肝(ちむ)あまがするむんやんでぃ思ゆん。

【語句】
八重瀬町ぬ側から糸満、抜じぇえむぬやくとぅ=八重瀬町側から糸満市側を映したものだから
二所ぬ地名書ちゃえん=二か所の地名を入れた
車、歩っかしいがちいなあ、ふぃるましい夕さんでぃ明かがいやるむんでぃ=車を運転しながら、珍しい夕焼けだと、
思やあに、抜じぇえる写真や=撮った写真である。
一分ぬん経たん内なかい、赤雲ぬ裂ち間あ=一分の経たないうちに、赤雲の合間の裂け目は、
きっさ、無えらんなとおたん=既に消えていた。
いいくる、朝明けえいぬ絵なかい、うりとぅ似ちょおる形ぬあしが=よく、朝日の絵で、それと似た構図があるが、
実に絵とぅにちょおる明かがいんあるむんやんでぃ思ゆん=実際に、絵と似た夕陽があるものだと思う。
何故に、うんな形んかいないがすら=なぜ、そのような形になるのだろうか。
新ぬ八月ぬ太陽ぬ落てぃ口え、なあだ北むてぃんかい寄とおん=新暦の八月の太陽の沈む場所は、まだ北寄りである。「太陽ぬ落てぃ口」の「口」は場所にも時刻にもいう。
昔から言らっとおしが、実に、夕さんでぃ明かがいんでぃせえ=昔から言われている事であるが、本当に夕焼けというのは、
人ぬ肝あまがするむんやんでぃ思ゆん=人の心を揺さぶるものだと思う。

具志川城址(糸満市)

イメージ 1

 八糸満(いとぅまん、いくまん、いちまん、)市喜屋武(ちゃん)ぬんかいあぬ城址(ぐしくあとぅ)やん。
 写真(しゃしん)ぬ左(ふぃざい)むてぃいんかい、ハマスーキぬあくとぅ、くまが海端(うみばた)やる事(くとぅ)ぬ分(わ)かゆん。
 沖縄(うちなあ)ぬ城(ぐしく)お、いいくる、ムイんかいどうあしが、かんし、海端んかいあしえ、ふぃるましむんやん。
 一長(いちなぎ)ぬ伝(ちて)え話(ばなし)に拠(ゆ)いねえ、元々(むとむとぅ)、久米島(くみじま)ぬ具志川城(ぐしちゃあ)ぬ真金声(まがにぐぃい)按司(あじ)ぬ、伊敷策(いしちなあ)按司ぬ二男(じな)ぬうなかい、追(ゐ)い放(ほお)らってぃ来(ち)ゃあに、くまんじ、ぎれえたる城やんでぃ、言(い)らっとおん。
 やしが琉球(るうちゅう)ぬあまあくまんじ、いちゃっさきいぬ城ぬぎれえらったる12~15世紀(しいち)ぬ城世(ぐしくゆう)ぬむんむんどぅやくとぅ、実(じゅん)にぬ事(くと)お分(わ)からん。
 実に、まんぐらんかいや、分かとおるうっぴしん、別(びち)なかい、5(いち)ちぬ城ぬあい、くまぬ狭ば所うてぃ、如何(ちゃ)ぬ様(よう、ゆう)な行成(いちない)とぅ立(た)ち倒(とお)りぬがあたらあ…。

【語句】
糸満市喜屋武ぬんかいあぬ城址やん=糸満市喜屋武にある城址である。
写真ぬ左むてぃいんかい、ハマスーキぬあくとぅ=写真の左側に、ハナスーキがあるので、 *ハマスーキは海岸植物。
くまが海端やる事ぬ分かゆん=ここが海岸添いである事が分かる。
沖縄ぬ城お、いいくる、ムイんかいどうあしが=沖縄の城は、殆ど、高所にあるのだが、
かんし、海端んかいあしえ、ふぃるましむんやん=このように、海岸沿いにあるのは珍しい。
一長ぬ伝え話に拠いねえ、元々、久米島ぬ具志川城ぬ真金声按司ぬ=一説によれば、元々、久米島の具志川城主真金声按司が、
伊敷策按司ぬ二男ぬうなかい、追い放らってぃ来ゃあに=伊敷策按司の二男によって、追い出され、
くまんじ、ぎれえたる城やんでぃ、言らっとおん=この地で造営した城だと言われている。*『久米島具志川間切日記』
やしが琉球ぬあまあくまんじ、いちゃっさきいぬ城ぬぎれえらったる=だが、琉球のあちこちで、実に多くの城が建造された
12~15世紀ぬ城世ぬむんむんどぅやくとぅ=12~15世紀のグスク時代に造られものであるから、
実にぬ事お分からん=本当の事は分からない
まんぐらんかいや、分かとおるうっぴしん、別なかい5ちぬ城ぬあい=周辺には、知られているだけで、他に5つの城があるし
実に、くまぬ狭ば所うてぃ、如何ぬ様な行成とぅ立ち倒りぬがあたらあ…=一体、この狭い地域で、どのようなドラマと浮き沈みがあったのだろうか。
ギャラリー
  • 残波岬Ⅱ(読谷村)
  • 平和通り(那覇市)
  • 首里城(那覇市)
  • ジョン万次郎記念碑(豊見城市)
  • なあかなしい(八重瀬町)
  • 上原港(竹富町上原)
  • 宇那利埼からぬ眺み(竹富町上原)
  • 忘勿石(竹富町南風見)
  • 茅葺ぬ古家(竹富町)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ