2017年04月

山原ぬイッペー(本部町)

イメージ 1

 沖縄市ぬパークアベニューぬ後(くさあ)ぬ道(みち)ぬ並木(なんぎい)ねえそおるイッペーん清(ちゅ)らむんやしが、緑(みどぅい)ぬ中(なあか、なか)んかい、真(ま)っ黄色(ちいる)うさあに、咲(さ)ち被(かん)とおるイッペーん又(また)、浮(う)ち上(ゃ)がてぃ、ちびらあさん。
 今頃(なまぐる)、山原(やんばる)ぬ道(みち)歩(あ)っちいねえ、うんなイッペーんかい、いいくる行(い)ち逢(ゃ)ゆん。
 幾(いく)ちがなぬイッペー、走(は)い過(くぁ)あちゃあしが、どおでぃん、写真(さしん)抜(ぬ)じ取(とぅ)らしんでぃ、あぎまちょおねえそおたくとぅ、車(くるま)淀(ゆどぅみ)みてぃ、写真抜(ぬ)じゃるしいじやん。
 イッペーぬ木(きい)やブラジル物(むん)やんでぃぬ事(くとぅ)やしが、うちなあぬあまくまんかい、植(ゐ)いらっとおん。
 「イッペエ美(ちゅ)らさん」でぃち、褒(ふ)みらり欲(ぶ)しゃさしどぅ、沖縄(うちなあ)んかい持(む)っち来(く)らったらあ?。
 節(しち)ぬ毎(かあじ)、うちなあぬ景色(ちいち)ぬ色(いる)ぬ変(か)わゆしん又、面白(うむしる)むんやさ。

【語句】
沖縄市ぬパークアベニューぬ後ぬ道ぬ=沖縄市のパークアベニューの裏通りの
並木ねえそおるイッペーん=並木になっているイッペーも
清らむんやしが、緑ぬ中んかい、真っ黄色うさあに=美しいが、緑の中に、真っ黄色になって、
咲ち被とおるイッペーん又、浮ち上がてぃ、ちびらあさん=咲き誇っているイッペーもまた、目立つので素晴らしい。
今頃、山原ぬ道歩っちいねえ、うんなイッペーんかい=今頃(の季節)、北部の山道を通ると、そんなイッペーに
いいくる行ち逢ゆん=良く出会う。
幾ちがなぬイッペー、走い過あちゃあしが=何本かのイッペーをやり過ごしたが、
どおでぃん、写真抜じ取らしんでぃ=どうか、写真を撮ってくれと、
あぎまちょおねえそおたくとぅ、車淀みてぃ=せがんでいるようだったので
写真抜じゃるしいじやん=写真を撮ってあげて次第である
イッペーぬ木やブラジル物やんでぃぬ事やしが=イッペーの木はブラジル原産とのことであるが、
うちなあぬあまくまんかい、植いらっとおん=沖縄のあちこちに植えられている。
 「イッペエ美らさん」でぃち、褒みらり欲しゃしぬどぅ=「大変(いっぺえ)、美しい」と褒められたいが為に、
沖縄んかい持っち来らったらあ?=沖縄に持ち込まれたのだろうか。
節ぬ毎、うちなあぬ景色ぬ色ぬ変わゆしん又、面白むんやさ=季節(の変化する)毎に、沖縄の景色の色が変化するのも面白いもだ。

米軍上陸地-渡久知泊城(読谷村)

イメージ 1

 1945年(にん)4月(しんぐぁち)1日(ちいたち)、くまんかい米軍(びいぐん)ぬ寄(ゆ)したん。
 くまぬ地(じい)ぬ名(なあ)や渡久知(とぅぐち)。「渡(わた)ゆる口(くち)」でぃぬ意味(ちむええ)やん。
 写真(しゃしん)ぬ左(ふぃざい)むてぃんかいや比謝川(ふぃじゃがあ、ひざがあ)ぬ河口(かあぬくち)なやあに、日本軍(にふんぐん)ぬ特攻艇基地(とぅっくうちち)んあたしが、米軍向(ん)かてぃ、攻(し)み出(ん)じたんでぃぬ記(しるし)え無(ね)えらん。
 写真ぬ右(にじり)むてぃいんかいや舞踊歌曲(をぅどぅいうた)「前(めえ)ぬ浜(はま)」なかい歌(うた)あらっとおる「前ぬ浜」ぬ広(ふる)がてぃ、上陸艇ん上(あ)ぎい易(や)っさい、又(また)兵隊(ひいたい、ふぃいたい)ぬ隠(くぁ)っき易(や)っさる岩(しい)んまんどおい、実(じゅん)に軍寄(いくさゆ)し所(どぅくる)とぅしちぇえ、良(い)い所(とぅくる)やたる筈(はじ)。
 地(じい)ぬ名(なあ)ぬ如(ぐとぅ)、沖縄(うちなあ)攻みゆる米軍ぬ渡(わた)い口(ぐち)とぅなたん。
 「グシク」んでぃ言(い)ちん、按司(あじ)ぬ居(をぅ)る「城(ぐしく)」やあらな、今帰仁按司(なじちんあじ)ぬ祀(まち)らっとおる所(とぅくる)なやあにどぅ「グシク(霊場)」んでぃ言(ゆ)る筈(はじ)。
 地ん人(ちゅ)ぬ話(はなし)なかいや、かあま昔(んかし)からぬ港(んなとぅ)とぅしち名(なあ)ぬあたる所(とぅくる)やたんでぃぬ事(くとぅ)。

【語句】
1945年4月1日、くまんかい米軍ぬ寄したん=1945年4月1日、ここに米軍が上陸した。
くまぬ地ぬ名や渡久知。「渡ゆる口」でぃぬ意味やん=ここの地名は渡久知。「渡り口」という意味である。
写真ぬ左むてぃんかいや比謝川ぬ河口なやあに=写真の左側は比謝川の河口になっていて
日本軍ぬ特攻艇基地んあたしが、米軍向かてぃ=日本軍の特攻艇基地があったが、米軍に向かって、
攻み出じたんでぃぬ書ち物のお無えらん=出撃したという記録はない。
写真ぬ右むてぃいんかいや舞踊歌曲「前ぬ浜」なかい歌あらっとおる=写真の右側には舞踊「前の浜」に歌われた
「前ぬ浜」ぬ広がてぃ、上陸艇ん上ぎい易っさい=「前の浜」が広がり、上陸艇も乗り上げ易いし、
又兵隊ぬ隠っき易っさる岩んまんどおい、実に=また、兵士が隠れやすい岩も多くあり、実に
軍寄し所とぅしちぇえ、良い所やたる筈=軍隊が上陸する地点としては、絶好の場所だったかもしれない
地ぬ名ぬ如、沖縄攻みゆる米軍ぬ渡い口とぅなたん=地名の通り、沖縄を攻める米軍の「渡り口」となった。
「グシク」んでぃ言ちん、按司ぬ居る「城(ぐしく)」やあらな=「グシク」とは言っても、豪族の居城ではなく、
今帰仁按司ぬ祀らっとおる所なやあにどぅ=今帰仁按司の祀られている場所だからこそ、注:近くに今帰仁按司の墓がある。
「グシク(霊場)」んでぃ言る筈=「グスク」というのかもしれない。注:「グスク」に「城(しろ)」という意味の他、聖地(霊場)、風葬地などにもいう。
地ん人ぬ話なかいや、かあま昔からぬ港とぅしち名ぬあたる所やたんでぃぬ事=地元人の話でははるか昔から港として名の通ったところだったとのこと。
ギャラリー
  • 残波岬Ⅱ(読谷村)
  • 平和通り(那覇市)
  • 首里城(那覇市)
  • ジョン万次郎記念碑(豊見城市)
  • なあかなしい(八重瀬町)
  • 上原港(竹富町上原)
  • 宇那利埼からぬ眺み(竹富町上原)
  • 忘勿石(竹富町南風見)
  • 茅葺ぬ古家(竹富町)
アーカイブ
カテゴリー
  • ライブドアブログ