残波岬Ⅱ
 残波岬(ざんぱみさち)え8年前(はちにんめえ)ぬ7月(しちぐゎち)んじん、御目掛(うみか)きてえしが、今度(くんどぅ)ぬばあや、東向(あがりん)けえぬ写真(しゃしん)なとおん。
 北(にし)むてぃいぬ30mぬ淵崖(ふちばんた)あ2㎞なあん連(ちる)ちょおんでぃぬ事(くとぅ)やん。
 うん如(ぐと)くおる景色(ちいち)ぬ荒(あら)さあ、沖縄(うちなあ)んじん、無(ね)えらん風儀(ふうじい)やあらに。
 うぬ崖(はんた)とお裏腹(うらはら)に、陸(あぎ)えなだやっさる平原(とうばる)なやあに、何(ぬう)ん無(ね)えんらんしん、また、ふぃるましむぬんやい、面白(うむ)さんでぃ言(い)いねえ、面白さんあん。
 いちゃんだん、自一人(どぅうちゅい)立(た)っちょおちいねえ、どぅく、寂(さび)っさなやあに、何(ぬう)がやら家(やあ)んかい帰(け)えい欲(ぶ)しゃなゆん。
 岬ぬ南(ふぇえ)むてぃんかいや、ホテルん、童(わらび)ぬ遊(あし)ぶる所(とぅくる)ん、キャンプする所んあん。
 あんしゅか、北むてぃいとぅ南むてぃいぬ風景ぬ変(か)わゆがやあんでぃ思(うむ)ゆん。
 兎角(とぅかく)、物考(むぬかんげえ)えしい欲しゃ無(ね)えんないれえ、くまんかい来(ちゅ)ゅうしえまし。

前回紹介の残波岬

【語句】
残波岬え8年前ぬ7月んじん、御目掛きてえしが=残波岬は8年前の㋆にも紹介したが、
今度ぬばあや、東向けえぬ写真なとおん=今回は東向きである。
北むてぃいぬ30mぬ淵崖あ2㎞なあん=北側の30mの絶壁は2㎞ほども
連ちょおんでぃぬ事やん=続くとされる。
うん如くおる景色ぬ荒さあ、沖縄んじん=このような景色の荒さは沖縄でも
無えらん風儀やあらに=滅多にないのではなかろうか。
うぬ崖とお裏腹に陸えなだやっさる平原なやあに=この崖とは逆に陸側は穏やかな平原になっていて
何ん無えんらんしん、またふぃるましむぬんやい=何もないのも、珍しいし、
面白さんでぃ言いねえ、面白さんあん=面白いといえば面白い。
いちゃんだん、自一人立っちょおちいねえ=ただ、一人で立っていると、
どぅく、寂っさなやあに、何がやら=あまりにも寂しい気持ちになり、
家んかい帰えい欲しゃなゆん=家に帰りたくなる。
岬ぬ南むてぃんかいや、ホテルん=岬の南側にはホテルも
童ぬ遊ぶる所ん、キャンプする所んあん=子供の遊び場も、キャンプ場もある。
あんしゅか、北むてぃいとぅ南むてぃいぬ=これほど、北側と南側とでは
風景ぬ変わゆがやあんでぃ思ゆん=風景が変わるものかと思う。
兎角、物考えしい欲しゃ無えんないれえ=頭の中を空にしたいときは
くまんかい来ゅうしえまし=ここに来るのもよし。